山登りは、本当に楽しいものです。

大自然を満喫しながら、目的の山の頂上を目指し、
登りきったときの達成感には格別のものがありますし、
人生においても大きな励みになるものだと思います。

しかし、山を登るということは、大変な重労働で、膝にかかる負担は相当なものです。

特にトレッキングではなく、宿泊して縦走するとなると、その装備は重装備となり、
20kgから30kgのキャンプ用品や食糧を背負うことになります。

手の指と指の間に突然、透明の水疱ができて痒くなってきました。

よくあることだと思い放っておいたら手の甲や手のひらにまで出来始めました。

仕事をしているので病院に行く時間がなくて、会社を休んで病院に行こうかと悩み始めた頃、強烈な痒みがして足を見てみると足の甲と足の指と指の間、くるぶしの横に大きな水疱と赤い斑点がいくつもできていました。

手にできている水疱は小さなものだったので驚きました。
よく見ると黄色くなって硬くなっているものもありました。

中高年の方々がハイキング中に膝が痛くなるのは、膝が冷えてしまうことが原因です。

全身を絶え間なく動かしているので、膝が暖かくなっていると思われますが、それはしばしば勘違いです。

ハイキングをしているということは、全身の毛穴から汗が出ているということです。

その汗は、膝をはじめとした体中の関節から熱を奪ってしまいます。

その結果として、膝が冷えて神経が過敏になってしまって痛みが生じるようになるというわけです。膝を温める方法は、有効なものが3つあります。

ハイキングは、山の自然を楽しむ事が出来て、とても良い運動方法であると思っています。

しかし、そのハイキングをしている時に、少し膝の違和感を感じる事がありました。

私の知り合いでも、ハイキングを楽しんでいた人が、突然参加できなくなった事があり、それが膝の故障が原因と知った時、私も他人事ではないと思ったのです。

そのため、長くその大好きなハイキングを楽しみたいと思っているので、予防として膝に対して良いものを食べることにしました。

近くが見えにくくなる老眼は非常に不便なものです。

これは決して、お年寄りだけの症状ではありません。
早い人には三十代から、老眼の傾向が見られるそうです。

厄介な老眼を予防するには一体どうしたらいいのでしょうか?とりあえず考えなければならないのは、栄養です。

現代の若者はとかく栄養不足になりやすい食生活を送っています。
何が目にいいのかさえ把握していない人がほとんです。

ビタミンAを採る必要があるのです。ウナギやホウレンソウ等に含まれていて、油に溶ける性質があるで炒め物なんかが最適でしょう。

毎日続ければ見えづらさを改善することができます。
続いて何よりも大事なのは慢性的な眼精疲労を治すことです。

私たちは物を見る時に、水晶体を調節してピントを合わせます。

しかし、年を取ってくると、水晶体の弾力が失われてきて、十分に調節することができなくなってきます。それが、老眼というものです。

老眼は近いところが見えにくくなるだけで、遠いところを見るには支障はありません。