中高年になると男女問わず大多数の人が老眼になると言われています。

老眼になると手元の小さな文字が読みづらくなったりお化粧がしづらくなるので困りますね。
どうにも老眼で不快感がある、不便を感じるという人は眼科医に行って治療の相談をしてみましょう。

老眼の治療として有効な方法は色々とあり、例えば老眼向けのレーシック手術も効果があるようです。

この他にも透明なレンズを角膜に入れる方法や、黒いリングを入れる方法などがあります。
中にはメスやレーザーを使わず行う安全性の高い治療法もあるので興味深いですね。

眼科で行う治療は本人の瞳の状態や生活に合うかどうか医師に相談をしながら実施することが大切です。
治療法が上手くいけば老眼鏡をかけずに手元の文字が読めるようになるので良いなと思います。

レーシック手術は少し怖いという人は、食事やサプリメントで瞳の疲れを取る方法もあります。
ルテインやコエンザイム、アントシアニン、ビタミンなどをしっかりと摂取することは大切です。

逆に甘いものや脂っこいものは身体にも瞳にも良くないので気をつけるようにしましょう。
老眼の進行を抑えることで肩こりや頭痛が軽減される可能性があるので出来ることから始めてみたいものです。

具体的な治療方法はこちらのサイトで紹介されてましたが、
老眼はレーシックで回復することができます

最新の治療を受けてしまうのがよいのかもしれませんね。

私は現在50代ですが、老眼は全く来ていませんし
近眼でもないのでメガネは一度も使ったことはありません。

普段のなにげない生活が予防法になってるかと思うのですが
第一には「目を長時間使わない」ということです。

本や新聞を読んだり、パソコンを見たりする時には
決して連続せずに
必ず30分ぐらいで切り上げることにしています。

近くが見えにくくなる老眼は非常に不便なものです。

これは決して、お年寄りだけの症状ではありません。
早い人には三十代から、老眼の傾向が見られるそうです。

厄介な老眼を予防するには一体どうしたらいいのでしょうか?とりあえず考えなければならないのは、栄養です。

現代の若者はとかく栄養不足になりやすい食生活を送っています。
何が目にいいのかさえ把握していない人がほとんです。

ビタミンAを採る必要があるのです。ウナギやホウレンソウ等に含まれていて、油に溶ける性質があるで炒め物なんかが最適でしょう。

毎日続ければ見えづらさを改善することができます。
続いて何よりも大事なのは慢性的な眼精疲労を治すことです。

いつかは来ると思っていましたが、50歳を過ぎたとたんに新聞が見にくくなり、今ではパソコンを見るのも大変になってしまいました。

そこで、老眼鏡を購入したら、まるで世界がこんなにくっきりはっきりしていたのかと思うほど、クリアに見えるようになり、新聞もパソコンも老眼鏡なしでは辛くなり、さらに運転も遠近両用で運転するようになりました。

しかし、老眼鏡をかけると、どうにも肩こりと頭痛がひどくなって困っていました。

50歳にはいって、だいぶ近くが見えにくくなってきました。

ただ、ド近眼なので、メガネであれば近くがよく見えるように作ってありますから
新聞や文庫本も不自由なく読めます。

山登りは、本当に楽しいものです。

大自然を満喫しながら、目的の山の頂上を目指し、
登りきったときの達成感には格別のものがありますし、
人生においても大きな励みになるものだと思います。

しかし、山を登るということは、大変な重労働で、膝にかかる負担は相当なものです。

特にトレッキングではなく、宿泊して縦走するとなると、その装備は重装備となり、
20kgから30kgのキャンプ用品や食糧を背負うことになります。